ESCONとは

ホーム > ESCONとは > ESCON応用分野例

ESCON応用分野例

①ESCONスラブ(道路橋床版)

現状の課題

床版取替えでは、既設床版よりも軽量であることが求められる。しかし、軽量化・薄型化は疲労強度の低下を招く。

概要

ESCONと超高強度鉄筋を組合せることで、軽量・薄型かつ疲労耐久性の高い道路橋床版の開発を行う。従来のRC床版と比較し約半分の厚さ。

松井名誉教授(大阪大学)、東山准教授(近畿大学)のご指導の下、各種強度試験、輪荷重走行試験を実施。

②ESCONデッキ(覆工板用)

概要

ESCONスラブを簡易化し、仮設の覆工板へと応用する。
従来の鋼製覆工板と同等の重量で薄型、低騒音の覆工板を製品化する。

  • 鉄筋は、超高強度鉄筋ではなく普通鉄筋を使用。
  • 今後、(一財)災害科学研究所とエスイーとで載荷試験の報告書が作成される。
  • デッキ表面に凹凸を設けることで高いすべり抵抗性を実現
  • 土木研究センターの認証取得を目指しており、センターへ相談中。

③ESCONパネル(ロックボルト用受圧板)

概要

ESCONと炭素繊維グリッドを組合せた、腐食・劣化のない耐久性が極めて高い低荷重用(ロックボルト用)受圧板

  • 製品化完了
  • マニュアル類も作成済み
  • 金沢(兼六園法面)ほか現場納入実績。
  • NETIS登録済み [QS-160021-A
  • 斜防災面対策技術協会で開発に関する論文発表を行った

④ESCON受圧板(アンカー用)


  • クロスタイプ

  • セミスクエアタイプ

概要

従来のコンクリート製受圧板に対して1/2~1/3程度軽量で、なおかつ同程度の価格となるアンカー用受圧板。

ESCONと既存の鋼材加工技術を組合せたRCとすることで、従来工法と比較し、1/2~1/3重量を削減できる。また、緻密なコンクリートであるため耐久性にも優れる受圧板である。

NETIS登録済み [QS-170016-A]

従来工法との比較 (2.5 mピッチセミスクエアタイプ)
工法 ESCON 受圧板(450kN タイプ) 従来工法(PC 製 450kN タイプ) 現場打ち受圧板
概略図
構 造 RC 製
(鉄筋コンクリート)
PC 製
(プレストレストコンクリート)
RC 製
(鉄筋コンクリート)
重 量 約1.46t 約2.4t 約5.4t
コンクリートの耐久性 設計耐用年数100 年
とすることが可能
一般的なコンクリート相当 一般的なコンクリート相当
補正角度 最大20 度
(別途角度調整台座を使用)
約10 度
(別途角度調整台座を使用)
約10 度
(別途角度調整台座を使用)

⑤ESCON保護ブロック

概要

優れた耐摩耗性を活かした表面保護パネル材。磨耗による被害が顕著である砂防えん堤がメインターゲット

  • 耐磨耗試験および耐衝撃試験実施済み。
  • 花崗岩並みの耐磨耗性能と花崗岩を上回る耐衝撃性能を有している。
  • 上記試験結果について、砂防学会年次講演会で発表済み。
  • 国交省管内の砂防えん堤護床工にて現場実証試験を実施。5年間の継続調査を実施中。

ESCON保護ブロック現場設置状況


  • ①ESCON保護パネル

  • ②所定位置への落とし込み

  • ③配置完了

  • ④ボルトにより固定

  • ⑤レジンコンクリートにて
    ボルト部穴埋め

  • ⑥完成

⑥ESCONカバープレート

概要

ESCONの強度特性・耐久性を活かした、薄くしかも腐食しない保護蓋。当社の港湾・漁港用アンカーと併用可能。

  • 強度試験実施済み(100kN対応)。
  • 今後もPRを進め、さらなる普及を図る。
  • 漁港漁場新技術研究会での技術評価証の取得。

⑦ESCON柱部材(新設橋脚・既設橋脚補強)への適用

概要

柱部材の軽量化・耐震性向上を目指し、ESCONと超高強度鉄筋を組合せたRC柱部材を製作し、正負交番載荷試験を実施した。なお、本件は九州大学との共同研究として実施している。

  • 正負交番載荷試験を実施。
  • 普通C+普通鉄筋の柱に対して、ESCON+超高強度鉄筋の柱では60%スリム化した断面で同程度の最大耐力が得られた。(変形量は大きくなる)
  • 上記試験結果については、ACEEやIABSE2015などの国際学会、および、JCIや土木学会などで発表を行っている。

⑧中・小規模橋梁への適用

概要

超高強度鉄筋と組み合わせる事により、従来のRC桁よりも桁高が低く、軽量な上部工を目指す。中小規模橋梁の架け替え需要をターゲットとし、下部工への影響を抑え、高耐力化を可能とする。本件は、九州大学との共同研究として実施した。

  • 供試体設計、供試体製作終了。(3体、長さ約7m)
  • 載荷試験実施済み。

⑨ESCON γNite® BOX(放射性廃棄物保管容器)

γniteBOXの特長


  • γNiteBOX本体

  • γNiteBOX本体

  • 蓋の設置状況

  • 吊り治具を用い吊り上げた状況

  • 蓋の設置完了

ESCONγNiteBOXは、セシウムから放出されるガンマ線を遮蔽する目的で開発された放射性廃棄物保管容器です。

ESCONγNiteBOXは、セシウムが放出するガンマ線に対し遮蔽率の高いγNiteを耐久性に優れたESCONで挟み込んだ構造になっています。したがって放射性廃棄物に含まれるセシウムから放出されるガンマ線に対して高い遮蔽率を有し且つ、耐透水性や耐凍結融解性、耐薬品性に優れているため放射性廃棄物の長期保存に適します。